×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  知ってて役立つギフトマナー

知ってて役立つギフトマナー

仏事

初盆 初めて迎える盆で新盆供養とも呼ばれます。四十九日に達していなければ、翌年になります。親戚をはじめ、親しかった人や仕事関係の方がたくさんお参りにみえます。お盆行事は地域によりさまざまですから、詳しくは菩提寺さまに相談するといいでしょう。
一周忌 翌年の命日で四十九日法要と同じように、手厚くする場合が多いです。
三回忌 二年目(翌々年)の命日で、三年目ではありません。
七回忌
十三回忌
十七回忌…
七回忌は六年目に、十三回忌は十二年目、十七回忌は十六年目に営まれます。

香典返し

香典返しは忌明けに
仏式の場合、七七日(四十九日)または五七日(三十五日)が忌明けにあたります。最近では、その前後に忌明けの法要を行い、喪主の挨拶状と共に、香典返しをすることが多いようです。
香典返しは挨拶状と共に
香典返しに添える「挨拶状」には「冥福」「成仏」「供養」「回向」など仏式用語は避けるようにします。品物は、奉書紙もしくは半紙に包み、弔事用の黒白の水引きをかけます。仏式の場合、表書きは上段に「忌明」「満中陰」もしくは「志」と書き、下段に喪主の姓名を書きます。神式やキリスト教の場合、「志」と表書きします。
お品選びについて
香典返しには、タオル、寝具、石鹸、洗剤、お茶、海苔、菓子など、一般的にどの家庭でも使っていただけるものがいいでしょう。また、お礼の供応を意味するという漆器や陶器もよく選ばれています。会社などの場合には、全員の方に渡るように緑茶が喜ばれるでしょう。従来、香典返しにふさわしくないとされていた商品も近頃ではあまり神経質に考えなくてもよくなってきているようです。
神式とキリスト教
”香典返し”という言葉は、本来仏式の物ですが、神式やキリスト教の場合でも、同じようにお返しをする習わしが多いようです。神式では、三十日祭または五十日祭が忌明けにあたるため、仏式と同じように挨拶状と一緒にお返しをします。キリスト教の場合は、お返しの時期についての決まりは特にありません。しかし、一般的には一カ月後の招天記念日の後、挨拶状と一緒に故人を記念する品物を贈る事が多いようです。
香典返しは御厚志額別に
香典返しの目安は”半返し”ということで、いただいた御香典の半額程度が一般的だといわれています。また御香典を戴いた方、一人ひとりに入念な品選びをすることは時間的ににも難しいので、御厚志額に応じていくつかのランクに分けて選ぶとよいでしょう。故人が著名で会葬者が多い時は、故人を偲ばせるような厳選された品物をお返しするという場合もあります。

香典返しとその意味

お茶
お茶を飲みながら故人を偲ぶという意味で昔からよく使われています。
石鹸
不幸を洗い流すという意味と、何より実用的であるという点で選ばれています。
漆器
不幸を塗り潰すという意味と、白木であれば、二度と不幸がないようにという願いを込めて色直しをする、という意味があります。
シーツ・タオル等の繊維製品
仏事では、白装束で仏の世界に旅立つとされており、さらしが使われていました。この流れがシーツや毛布、タオルとして引き継がれています。
陶器
昔は日本でも土葬の習慣があったことから、「人間みた土に還る」という意味が陶器には込められています。
金物
昔から、光る物には魔よけの効果があると考えられていたので、ステンレス・アルミ製品・銅製品等がよく用いられています。

お祝

結婚祝い
贈る時期は挙式の1ヵ月前から1週間前位が望ましいですが、当日まで贈れなかった場合は挙式当日を避け、後日贈ることにしましょう。また、刃物や割れ物は切れる・別れるに通じるとされ結婚の贈り物としてはタブーとされていますので贈らない方が無難とされていますが、品質のよい包丁などはとても重宝しますので、「ますますお料理の腕に磨きをかけてください」などのメッセージを添えて贈ってもよいでしょう。
出産祝い
赤ちゃんの誕生はとても喜ばしいことですが、母親にとっては大変なことばかりでもあります。親しい人へ贈り物をするときでも、出産直後を避け、3週間くらい経って健康状態が安定してからお祝いを届けましょう。3ヶ月か1年くらい後で必要になるサイズのふだん着や肌着、よだれかけといった毎日使うものが喜ばれます。また、赤ちゃんのものだけでなく、ご両親の記念になるものを贈るのもよいでしょう。
新築祝い
親族、知人、友人がご自宅や事務所を新築されたら、家内が安全で末永く繁栄が続くように心からお祝いしてあげたいものです。新築祝いにお招きいただいた場合は、ご招待いただいた前日までに届くように贈ります。お祝いの品物は、壁に穴をあけるもの、場所をとるもの、灰皿・ストーブなど火にまつわるものは避けます。
入学祝い
学用品や文房具は指定されている物が多いので、事前に両親にお聞きして必要な物、喜んでいただける物を選びます。高校・大学・就職祝いは本人の希望を聞いて贈り物を選ぶとよいでしょう。お祝いの品物は入園や入学が決まったらなるべく早く贈るのが望ましいですが、吉報を聞いてからでも構いません。
病気見舞い
お見舞いのときは品物よりお見舞金が一般的ですが、花を贈る場合は鉢植えのものは「根付く(寝付く)」ということから避け、切花と花瓶を一緒に贈るか、花瓶がなくとも飾れるフラワーアレンジなどにします。入院直後のお見舞いは遠慮し、患者のご家族に様子を聞いてからお見舞いに行くようにしましょう。
御中元・御歳暮
日頃お世話になっている方に、感謝の気持ちを込めて、これからもよろしくお願いしますとご挨拶をするのが御中元と御歳暮です。贈る時期は、御中元は地域によって異なりますが、7月初めから8月10日頃までが一般的です。御歳暮は、もともとは暮れの挨拶をするものでしたが、最近はあわただしい年末を避け、11月後半から12月20日頃までに贈るのが一般的です。

内祝

結婚内祝い
結婚祝いをいただいた場合には、披露宴に招き、引出物を渡すことがお返しとなります。披露宴にお招きできなかった方からお祝いをいただいたら、内祝いの品を贈ります。費用の目安は、いただいた額の半分が一般的です。遅くとも結婚式の1ヵ月後くらいまでには贈るようにしましょう。表書きは「内祝」となります。名前は、新郎新婦の連名記入が一般的です。
出産内祝い
出産祝いをいただいた方全員に内祝の品物をさしあげます。時期は、出産から1ヵ月後までが一般的です。費用はいただいたお祝いの半返しといわれています。表書きは「内祝」とし、赤ちゃんの名前を書きます。赤ちゃんの名前披露の意味合いもあるので、読み方が難しい漢字はふりがなを入れましょう。
新築祝いのお返し
新築祝いをいただいた方は新居にお招きすることがお返しになりますが、遠方でなかなかお招きすることができない場合や、よりていねいにするなら品物を贈ります。コーヒーカップやシュガーポットなど、「入れるもの」を贈る習わしがあります。
入学・就職祝いのお返し
基本的にはお礼の挨拶をし、品物のお返しは不要ですが、先方に同様のお祝いがあったときにきちんとお祝いすることで、お返しに代えることになります。就職祝いのお返しは内祝いという形式にこだわらず、いただいた本人が初めてのお給料で無理のない金額の品物を贈るのがよいでしょう。
病気の快気祝い
一般的には「快気祝い」といいますが、回復の具合などによって表書きは「快気祝・快気内祝」、「退院内祝」、「御見舞御礼」とさまざまです。快気祝いの品は「きれいさっぱり治った」「あとに残らないもの」という意味から、食べてしまってなくなるもの、使ってしまうもの、消えてなくなるもの(菓子、石鹸、洗剤など)が多いようです。
御中元・御歳暮のお返し
基本的には御中元・御歳暮のお返しは不要とされています。送られてきたときには、礼状を出すか電話でお礼を伝え、感謝の気持ちを伝えましょう。どうしてもお返しをしたいときは、いただいた半額程度の品物を贈ります。その場合は「御中元」、「御歳暮」と表書きします。

特定商取引について

お支払い方法について

代金引換、銀行振込を用意しております。ご希望にあわせて、各種ご利用ください。

代金引換はお支払い金額が300,000円(税込)を超える場合はご利用できません。申し訳ございませんが、他の決済方法をご利用ください。

代金引換 銀行振込

 

返品・交換について

お客様のご都合によるご返品にはご対応できかねますので予めご了承ください。商品到着後、中身のご確認を必ずお願い致します。
商品には万全を期しておりますが、万が一不良品・誤送品があった場合は、早急に対応させていただきます。恐れ入りますが商品到着後10日以内にご連絡ください。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。
一度開封された商品 (開封後不良品とわかった場合を除く)、お客様の責任でキズや汚れが生じた商品の返品はお受けできません。

※詳細は 【特定商取引法】をご確認下さい。

送料について

全国一律500円

配送時間

宅配便でお送りいたします。 またお時間・お日にちの指定も可能です。

お問い合せ先

お問い合せは、下記連絡先にて承ります。

住所
〒350-2211 埼玉県鶴ヶ島市脚折町5-14-5
TEL
049-287-7777
FAX
049-287-7878
E-mail
gift@trendy-ai.net
営業時間
AM10:00~PM7:00
定休日
毎週木曜日